ブルーライトが怖いなら

メガネの情報はこのサイトにおまかせ!

夜用のブルーライトカット

夜用のブルーライトカット メガネにも様々な種類がありますが、少し前から注目されているのがブルーライトカットタイプです。ブルーライトは太陽光からはだけではなく、パソコンやスマートフォンの液晶画面からも出ています。
眩しさやちらつきがあり、眼精疲労の原因にもなるとされています。
そして、寝る前にいつまでもパソコンやスマートフォンを見ていることは不眠にもつながるといわれているので注意が必要です。そこで、ブルーライトをカットし、目の疲れを軽減させるメガネの人気が高まってきました。
夜用のブルーライトカットメガネは、暗い部屋で使われることを想定していますので、ブルーライトのカット率が高いものが多くなっています。
レンズについては薄い色が付いているものも多くなっています。薄茶色などの色が付いていますので、白いものがやや茶色っぽく見える傾向にあります。慣れない間は逆に見えづらさを感じることもありますので、購入前には試着をしておくことがおすすめです。

ブルーライトカットメガネで目の健康・安眠を守る

ブルーライトカットメガネで目の健康・安眠を守る ブルーライトとは、パソコンやテレビ・携帯ゲーム機・スマートフォンなどから発せられる青い光のことです。だいたい380〜500ナノメートル程度の波長の光のことで、紫外線に近くかなりエネルギーが強力だとされています。
この光を長時間目に受け続けると、目の細胞がどんどん死滅していったり、視力低下を招いたりするとされています。そのため、パソコンやスマートフォンなどを利用する時は、なるべくこの光を受けないように工夫するといいでしょう。
その際にとても役に立つのが、ブルーライトをカットする機能のついたメガネです。ブルーライトカットメガネは、ブルーライトを反射して目に届かないようにしてくれる機能を備えています。ですから長時間パソコンやスマートフォンをしていても、目が疲れにくくなるでしょう。
ブルーライトは、体内時計を狂わせる原因にもなるとされています。夜の寝る前などにパソコンやスマートフォンをやると、睡眠障害を招くかもしれません。
そんな場合もブルーライトカットメガネが有効です。

新着情報

◎2020/8/3

ブルーライトカット利用の違い
の情報を更新しました。

◎2020/5/28

夜用のブルーライトカット
の情報を更新しました。

◎2020/05/15

サイト公開しました

「ブルーライト レンズ」
に関連するツイート
Twitter
Copyrignt(c) 2020 ブルーライトが怖いなら All Rights Reserved.