ブルーライトが怖いなら

メガネの情報はこのサイトにおまかせ!

ブルーライトカット利用の違い

ブルーライトカット利用の違い スマートフォンやPCはブルーライトという目に悪い影響を与える光が出ています。
夜遅くまでこの光を浴びてしまうと、視力が低下したり熟睡することができなかったりなどが起こると言われており、また近年世界的に急増してきているのが失明の原因となることもある加齢黄斑変性ですが、この原因の一つにブルーライトが考えられているのです。
このようなブルーライトによる悪影響を軽減させるために開発されたのがブルーライトカットメガネです。このメガネをかけながらスマートフォンやPCを作業するとブルーライトをカットすることができるので、目の疲れが軽減されます。
具体的には、目がちかちかしたりぼやけたりすることが少なくなったという感想が多く聞かれるようです。肩こりや片頭痛が減ったという声も聞かれます。
やはり、長時間ブルーライトを浴びている人は、ブルーライトカットメガネをするのはおすすめです。ただ、色合いが少し変化するので慣れが必要です。

ブルーライトカットメガネで目の健康を守る

ブルーライトカットメガネで目の健康を守る デスクワークで一日中パソコン作業をしているので眼精疲労を引き起こして頭痛や肩こりやめまいの症状に見舞われる、ベッドに入ってもなかなか寝付けず眠りが浅くて夜中に何回も目が覚めてしまう、精神を穏やかに保つことが出来ずすぐに怒りっぽくなったりイライラしたりする、集中力が低下して些細なミスが増えたなどの悩みがある方は多いのではないでしょうか。
それは、テレビやパソコンやタブレットやスマートフォンの画面から出ているブルーライトによる影響かもしれません。ブルーライトは波長が短くて強いエネルギーを持った光で、目を疲れさせたり睡眠の質を低下させたり自律神経のバランスを乱れさせたりなどの悪影響を及ぼします。
スマートフォンやパソコンの画面を見なければその悪影響を受けずに済みますが、それは不可能なことです。そこでおすすめなのが、ブルーライトカットメガネを装着して画面を見るという方法です。
パソコン作業やスマートフォン操作などをする際にブルーライトカットメガネを装着すれば、ブルーライトから目を守ることが出来ます。

新着情報

◎2020/8/3

ブルーライトカット利用の違い
の情報を更新しました。

◎2020/5/28

夜用のブルーライトカット
の情報を更新しました。

◎2020/05/15

サイト公開しました

「ブルーライト PC」
に関連するツイート
Twitter
Copyrignt(c) 2020 ブルーライトが怖いなら All Rights Reserved.